関連している記事

ためになる記事

リンク案内

スマートオプション

サイト情報案内

規約等
管理者


バイナリーオプションは取引業者から


シンプルで分かりやすい取引ルールと、少ない資金で始められる敷居の低さ、スマートフォンなどによっていつでもどこでも投資が行える小回りの良さから、バイナリーオプションはいま多くの人たちから人気を集めている金融商品になります。

バイナリーオプションでの投資取引を始めるためには、この金融商品を取り扱っている取引業者と契約を結び、投資を行う資金を預け入れたり、投資で得た利益を払い出してもらうために使われる取引専用口座を開設してもらう必要があります。

このために取引業者を選択する必要があるのですが、実はバイナリーオプションは、この取引業者ごとに利用できる取引ルールや、使える銘柄、取引きができる時間帯、投資にかかる判定時間など、様々な部分において違いがあるため、どの取引業者を選ぶのかによっても、その投資スタイルがガラッと変わってくるために注意が必要になります。

FX取引も同じように取引業者を選択し、取引専用の口座を開設する形で投資を行っていくのですが、FXの場合での違いは、手数料なのど設定の大きさやその有無、投資資金を有効的に利用するためのレバレッジなどの違いがある程度で、取引全体に大きく違いが出ることはないのですが、バイナリーオプションは、例えば取引ルールの違いだけでも、投資の方法などが異なってくる場合があるので、様々な部分を見ていく必要があります。

まず大きなものは、投資の判定時間の違いで、まずはこれをしっかりと確認していく必要があります。
日本国内のバイナリーオプションの取引業者は、金融庁からの通達により最短でも2時間以上の時間を開けないと次の取引きを行うことはできません。
これに対し、海外のバイナリーオプション取引業者は、この国内規制を受けないために、短いものでは60秒で取引判定の結果が出るルールを設定しているところもあります。
この違いにより、投資取引のスタイルが大幅に変わるために、まずは国内業者なのか海外業者なのかはしっかりと確認をして選択をしておくことをお勧めします。

次に、取引きの行える銘柄と取引の時間は確認しておくことが必要になります。
通貨を銘柄にしている取引の場合には、外国為替市場のレート変動を利用して取引を行っているために、平日であれば24時間為替市場が開いており、取引業者のメンテナンスやそのほかの事情による取引中止時間帯を除き、多くの場合はいつでも取引きが行えることが一般的です。

しかしながら、通貨以外の取引銘柄、例えば世界中の有名企業の株や、各国の証券取引所の株価指数、プラチナ、金などの鉱物、天然ガスなどのエネルギー、砂糖や小麦などの商品などを芸がラにしている場合には、この市場が開いて売買取引を行っている時間帯でのバイナリーオプション取引に限られる場合があります。
また時間帯だけでなく、どのような取引銘柄があるのかという事も重要になり、例えば通貨の取引以外に株の取引きも行っておけば、資産を分割することができ、一度の取引きの失敗で大きな損失を被ることがないため、有効なリスクマネジメントが行えるのです。

また、取引きを行うために用いられる取引プラットフォームの使い勝手の良さや、スマートフォンなどに対応するアプリがあるかどうかなども確認しておきたいところです。
多くの取引業者が、実際の取引プラットフォームと相場を使用したデモトレードというシミュレーション取引の場所を設けていますので、こうしたサービスを利用して、実際に取引きを行った時の使い勝手の良し悪しを確認しておくことも大切です。

このように、バイナリーオプションの取引業者を選択するには、事前に様々な確認をするべき点がありますので、慌てて取引きを始めるのではなく、まずはじっくりと調べてみることをお勧めします。