関連している記事

ためになる記事

リンク案内

スマートオプション

サイト情報案内

規約等
管理者


為替相場とファンダメンタル分析


外国為替市場で取引きが行われる為替相場は、様々な条件が複雑に絡み合っているために、その予測が非常に難しい市場であることが知られています。

特にこの相場を利用して通貨を売買し、その為替差損益を求めていくことを目的としているFXの取引きにとっては、この為替相場のレート変動をいかに予測していくのかという事が、この投資の主題であるといっても過言ではないでしょう。

世界中の国や地域で発行される通貨は、それぞれの国などの経済状況や政治の動向によって、その人気が変わります。
人気が集まれば、多くの人がこの通貨をほしがるために価値が上がり、買い注文が多く集まることでその価格が上がっていきます。
逆に人気が下がれば、多くの人がこの通貨を嫌うために価値が下がり、売り注文が多く入ることによってその価格が下がっていきます。

通貨の価格の上下はこうしたシンプルな構造になっているのですが、この人気があるのかないのか、という事を生み出す要因が実に多く、例えばG7やG20などの先進国首脳会議などが行われれば、世界経済の動向や展望についての話し合いや確認が行われ、会議の終わりにはそれが発表されることになり、こうしたことでも為替相場は、様々な思惑が飛び交って変動をしていくことになるのです。

このように、様々なニュースや会議内容の発表、経済指標などを参考にし、常に新しい情報を取り入れてこれらを総合的に判断していきながら、相場の変動を包括的かつ長期的に予測していく分析手法を「ファンダメンタル分析」と呼んでいます。

ファンダメンタル分析に必要なものは、鮮度が良く精度が高く質量の多い情報をいかに集めてくるかという事と、それをどのように関連付けていきながら、現在と未来の状況を読み解いていくかという部分になります。
為替レートの数値などは見えてこない分析になりますが、このファンダメンタル分析を怠ってしまうと、例えば経済ショックのような未曽有の相場の激変などを事前に知ることができなくなるために、一瞬で大きな損失を被ってしまったり、危険な方向や状態での取引を続けてしまったりすることになります。

永遠に完成することのない地道な努力を必要とするファンダメンタル分析ですが、行うと行わないとでは、資産運用という長期的な面で考えた場合の利益に、大きな差がついてしまうものになりますので、まずは自分が取引きをしている通貨に関連する情報を調べるところから始めていくのがいいでしょう。